模様 配色パターン

ブルべ、イエベの模様

こんにちは

模様の配色でブルーベース、イエローベースがはっきり別れた作品がありました。

この模様の販売ページはこちら

面白いので、それぞれの配色の逆バージョンをやってみました。

模様の配色を考える時に気をつけていること

  • 模様を生かすこと
  • 配色によって違う表情を見せること

模様を生かす配色

配色によってその模様を殺すこともあれば生かすこともできます。
4色中、1色を差し替えるだけでその模様が意味をなさなくなることもあります。なので、模様が生きない配色はしないようにしています。

これは感覚の問題で、なぜその配色が良いかと言われても、言葉にするのは難しいです。好みの問題もありますし、作りたいイメージやブランドイメージによっても目指してる雰囲気があるので、最終的にはヒューヒューとして何を提案したいかを考えて絞り込みます。

配色によって違う表情を見せること

模様を生かしている配色でも、色のバリエーションとして並べてみた時に、配色としては成立していても、表情が同じだと今ひとつ…。1つの模様で様々な雰囲気を楽しんでもらえるよう、配色の特徴がカブらないように心がけています。

ブルーベース、イエローベースを混ぜて配色したらダメだという法則もないし、基本的には感覚でやっていて、迷った時にブルー、イエローどっちに振るかを考えます。今回の配色はいかようにもできる気がして、迷ったので常に、ブルー?イエロー?って考えていたら、最終的にブルーとイエローがはっきり別れた配色になりました。

面白いので、それぞれの柄でブルーイエロー逆バージョンもやってみました。

ホワイト

鮮やかな色を選んでるので違いがわかりやすいと思います。

選んだ色は同じでも、どちらに寄せるかによってこんなにもイメージが変わるんですね。

ブログ版もありですよね。

ホワイト、ブルーベース(オリジナル)

使用した色を並べてみました。

ホワイト、イエローベース

使用した色を並べてみました。

パープル

鈍い色を使ったので少し変化がわかりずらいですね。

右側のすっきり感が白っぽいからなのか、色に寄るものなのかわかりにくいですね。

パープル、イエローベース(オリジナル)

パープル、ブルーベース

商品概要ページ

ブルべ、イエベの模様」への3件のフィードバック

コメントは受け付けていません。

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る