ダイソーのマニキュアと色画用紙厚紙でティッシュケースを作りました

100均工作、箱ティッシュケース

外出できない日が続きますが、工作はいかがですか?

100均の工作で木や粘土で作る物、プラスチック容器を組み合わせて作る物など様々な物がありますが、厚紙も使い勝手がいいですよ。

厚紙と画用紙で作るボックスティッシュケースをご紹介します。
全てダイソーの購入品です。

ピンクと茶色の色画用紙と厚紙を購入しました。
ダイソーの厚紙は0.5ミリです。

厚いとは言えませんが、画用紙を貼るので十分な強度が出ます。

あとは、ダイソーのマニキュア。

マニキュアをどうするかって?

そのまま垂らします。

今回は横に往復させて模様にしました。
(動画は模様を付けている箇所でスタートします)

最初から最後までご覧いただけると、全体の作り方がご覧いただけます。

※マニキュアを多く使うので換気をしっかり行ってください!

なんか、お祭りのヨーヨーを連想させますね。
お祭り行きたいなぁ〜

メインでパープルとブルー
差し色でピンクを入れました。

ティッシュを入れる箱部分はピンクとクリアのマニキュアでドットを描きました。

見えるところにだけ仕込みました。

家に余っているマニキュアを使い切るのにもいいですね。

結局、使い切れないマニキュアって多くないですか?

色に統一感を持たせるポイント

マニキュアを3色使いたいなら、そのうちの一色をティッシュを入れる画用紙と揃えると統一感が出やすいですよ。

今回の場合はピンクがそれに当たります。

ドライヤーの温風も使うと早く乾いてくれます。

あと、乾かすだけだとヒノってしまうので、プレスもお忘れなく。

プレスとは

思い平らな物を載せて厚紙が真っ直ぐになるようにします。

マニキュアでできる模様のバリエーション

1.横に往復 (今回使ったパターンです)

2.縦に往復

3.斜に往復

4.グルグル。練習が必要かもしれませんが、できると可愛いと思います。

ベーシックな色(ベージュ、グレーなど)に黒いマニキュアにしても大人っぽくて可愛いと思います。

5.ドット。シンプルな水玉模様も可愛いと思います。どんな配色でもいけそうなのがイイところです。

とろみで簡単にアーティスティックな模様に

マニキュアならではのとろみのあるテクスチャーで、細い線と太い線が自然に出来てくれて、そこもマニキュアを採用した理由です。

誰でも、簡単に有機的なアーティスティックなテクスチャーを描けます。

絵の具ではこうはならないので、そこも楽しみたいところ。

材料費は600円以下、百均工作恐るべし

今回の100均で購入した物は600円です。
マニキュアはほぼ使い切ってしまいまいたが、厚紙と画用紙は2枚づつしか使っていないので、材料費は600円かかっていません。

他にノリやハケなどを使用するのでその部分は別にかかってしまいますが。

余った画用紙と厚紙でポケットティッシュケースや、ペン立ても作ってみてはいかがですか?

100均工作、箱ティッシュケース” に1件のコメント

コメントは受け付けていません。

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る