ミシンの不調メモ

こんにちは、ミシンって急に不調になりますよね。

私もよくあります。
自分用のメモと、同じ問題を抱えている方の参考になればと思いミシンのことをシェアさせていただきますね。

まず、洋裁をされている方が作っている動画でとてもわかりやすいものがあったのでご紹介します。


概要

・動画の中で参考になったポイントを3つ(ボビンの説明)

  • ボビンケースの中のゴミをとる(動画 2:07)
  • ボビンの種類(動画 6:23)
  • ボビンに巻いた糸の先を切る(動画 7:43)
  • 糸は水平に巻く(動画 12:23)

・自分で見つけた改善方(ボビン)

・他の方がブログで書いていたこと(お皿について)


ボビンケースの中のゴミをとる(動画 2:07)

ボビンの中に繊維がたまることがあります。

私は見て見ぬ振りしてました。
どれだけ影響があるのかわからなかったので。。。

ダメらしいです。その繊維たちは悪さをするらしいです。
見つけたら、取り除いた方がいいみたいです。
定期的に綿棒などで取り除くのがいいみたいです。

ボビンの種類(動画 6:23)

  • ステンレスのボビン
  • 穴のあいたステンレスのボビン
  • くびれがあるボビン
  • ボコボコがあるボビン
  • アルミのボビン

動画で詳しく説明してくださってるので、動画の6分23秒頃をご覧ください。

ボビンに巻いた糸の先を切る(動画 7:43)

ボビンに下糸を巻く時に手でクルクル巻くと思います。
その先、ピョンって出てるところどうしてますか?

実は、それを切らないと不調をきたすようです。

なるべく、ギリギリのところで切った方がいいみたいです。
シビアにやった方がいいみたいです。

ただ、切るとまた先がピョンと出てきて何回も切らなきゃいけないのが嫌だ…とおっしゃってました。

糸は水平に巻く(動画 12:23)

巻く時に、上、下どちらかに糸が寄っていませんか?
寄っているとよろしくないみたいです。
水平に巻きましょうとのことです。

自動糸切りの後糸が抜ける

ここからは、私がミシンの不調に出くわした時に改善した方法を書きます。

↑↑↑詳しいスペックをご覧になりたい方はこちら

JUKI SPUR 30 DX
家庭用のミシン針が使えるタイプです。
自動糸切機能つき

問題は、自動糸切を使った時に下糸が抜けることです。

糸を切った後、次を縫うときは毎回下を開けて下糸を出してました。

効率がとても悪い…。

原因もよくわからず、別の色の糸を使おうと思いボビンを変えます。
あれ?直ってる。

もしかしてボビンが原因だったのかも?

正確にはわからないですが、そのボビンが歪んでいたとか?
もしかしたら、動画で言っていた通り、糸の先が出ていたのかも。

結論がわかったらまた追記しますね。

どうしても不調!って思ったらボビン自体を変えてみるのもありです。

他の方がブログで書いていたこと(お皿について)

私が、上糸が切れて困っていた時、あるブログを見つけて紹介されていた解決法です。

引用元を忘れてしまいスミマセン。
今、ふと思い出して書いてます。

上糸をかける際のお皿の部分(糸調子を調節する部分)に糸を奥までしっかり入れないとダメみたいです。

両手で糸を左右から引っ張ってお皿に当てて引っ張るようにするといいみたいです。

片手でひょいとかけたままだと、上糸の不調を引き起こすらしいです。


動画の方もおっしゃっていましたが、ミシンの不調が出てきて原因がわからないと騙し騙しやるそうです。

全く私と同だと思ったので、経験豊富な方でもそうだと聞いて安心しました。

こちらの動画の方は、他にもかなり多くの動画を出してらっしゃるのでおすすめです。私もチャンネル登録しました。

ネットで色々調べれる時代。
でも、意外と出てこなかったりするので、みんなでシェアしていきましょうーーー!

ミシンの不調メモ” に1件のコメント

コメントは受け付けていません。

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る