シルクスクリーン、オリジナル生地、オリジナルテキスタイル

背景色で変わる商品の印象

写真の背景色を最近変えて商品の見え方を探っています。

思い切って赤を使ってみました。

赤といっても、少しピンクっぽい赤です。
家にたまたまあったので使ってみることに。

黒が映えますね。
ファスナーの引き手の革ひももはっきり見えていい感じだと思っています。

シルクスクリーン、オリジナル生地、オリジナルテキスタイル

一方、グレーバージョン。
これはこれで、いいけれど。赤の方がインパクトがあって商品を印象深く見せれる気がします。

こちらは、同じポーチの反対の面です。面で配色が反転するように作ってあります。ツーウェイ♪

赤もいいけど、グレーの方が白の明るさが際立ってすっきり感が出てますね。
まぁ〜好みかな?

グレーの背景は立てかけてるし、板も入ってるから印象も違うけれど。

シルクスクリーン、オリジナル生地、オリジナルテキスタイル

商品を紹介する画像としては、背景色を揃えた方がいいと思うので、赤を採用しました。

色の彩度対比

白の地のポーチでみるとわかりやすいですけど、彩度対比が起きてると思います。いきなり座学。

鮮やかな赤の上より、鈍いグレーと隣り合わせの方が白が際立っていますね。

色彩検定3級から出てくる範囲ですね。

普段の生活でこういうのみると、あぁ〜やったな〜って感じします。

色は隣り合う色と影響しあいます。
パーソナルカラーはこれと同じことが起きているんですよ。

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る