そもそもイエベ、ブルベとは?

よく聞く色のイエローベース、ブルーベースってなんなんでしょう?

難しいことはありません。

洗剤にも酸性、アルカリ性があるように指標を設けているだけです。

よく、パーソナルカラーでイエローベース、ブルーベースと言う用語を聞くと思います。

メイクやファッションの場面でで活用すれば効率よくお買い物ができたり、メイクが楽しくなったりします。パーソナルカラーは自分の肌の色と、身に着ける色の相性を見極めるものです。色には相性があります。

配色にもイエローベース、ブルーベースの味方を応用すれば、目指したい印象に近づけることができます。

イエロー、ブルーどちらに傾いているか

イエローベース、ブルーベースは、黄色か青どちらに傾いているかと言うことを言っています。

例えば、赤は赤でも、トマトのような赤や熟したやイチゴのような赤もあります。

トマトのような赤はイエローベースです。

トマトの赤(黄味がかった赤)

イエローベースは暖かい印象を与え、元気、柔らかい、親しみやすい、など、まるでお母さん。

熟したイチゴの赤はブルーベースです。

イチゴの赤(青味がかった赤)

大人っぽい、都会的な、冷たい、落ち着いた、など。

赤そのものが暖色なので、冷たい印象を与えると言われてもピンと来ないんですけどね。あまり温かみを感じない赤と言う感じでしょうか。

暖色、寒色が隠れている

赤の中に、暖色(黄味)が隠れているか、寒色(青味)が隠れているかと言うことなので、俗に言う、暖色、寒色の印象と連動しています。

この考え方は、全ての色に当てはめることができます。

寒色は青、青緑、青紫などが該当し、暖色は、赤、橙、黄色などが該当します

配色はイエローベース、ブルーベースでまとめた方がいい?

そうとも限りませんが、揃えると印象がはっきりします。

私が作った模様の配色でイエローベース、ブルーベースに分けて配色したものがあります。

配色の見た目がつまらなくなる場合は、4色中、3色イエローベース、1色ブルーベースにするなど1色だけずらすと、ほんわかしている中に、パンチを加えたり調整できます。

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る