手書き幾何学模様

2017/11/13

こんにちは

ハロウィンが終わった途端、クリスマスムードですね。
クリスマスソングがあちらでも、こちらでも。

個人的には、ベッドシーツを買い換えようかどうか悩んでいる今日この頃です。
かわいいのを見つけたら買っちゃいましょうかね♪

今日も新作のご紹介をさせてください。

ダイヤ柄です。

ダイヤ柄 ファブリックパネル

こちらの模様は「スケッチ2」でお見せした模様です。

商品ができました♪

-----------------------------------------------------

商品の詳細はこちらからご覧ください

ミンネはこちらから

クリーマはこちらから

-----------------------------------------------------

多分、スケッチの写真を見たらわかると思うんですが、全て手書きです。

結構時間がかかって途中で後悔しました( ´Д`)

全て手書きなので、色を入れた時にぴったりは合いません。

隙間ができたり、色が重なっていたり、幾何学模様なのにまだらというか。

その様な、手書きならではのズレみたいなものが面白いと思いこの様な模様にして見ました。

幾何学模様のパキパキとした硬いイメージと手書きのズレを組み合わせ、機械にはできない人間らしさがいいと思いまして。

機械がやれば少しもズレずに正確な模様が瞬時にできるのに対して、人間は何時間もかけて作り、正確さも機械よりだいぶ劣っている。でも、これは人間らしさなのでは、と思います。

最近は人工知能、エーアイ♪エーアイ♪♪が発達してきて機械に全て乗っ取られてしまうのではと不安を感じていますが(笑)人間だからできる不正確さ、または味に癒しを感じています。

パソコンが普及して、スマホが必要不可欠になり、デジタルの波MAXな現代ですが人間が持っている「ほっこり感」いいですね( ´∀`)

これから、こういう手書き幾何学模様を続けていこうか検討中です。

お読みくださり、ありがとうございます。

 

商品の詳細はこちらからご覧ください

ミンネはこちらから

クリーマはこちらから