ヒューヒューについて

こんにちは、ヒューヒューのウェブサイトをご覧くださりありがとうございます。

私が模様を作っている理由、それは色が好きだからです。

大学でグラフィックデザインを学び、その頃から色のことをもっと知りたい、色に関わる仕事がしたいと思っていました。

調べるとインテリアデザインや映像系の仕事で色が重視されると知りましたが、ピンとこなくそちらには進みませんでした。

結局、ウェブデザインをやり始めデザインを通して少しは色に接するものの、もっと色のことを考える時間を増やしたいと思っていました。

色彩設計などの仕事もありますが、それもピンと来なかった。

ピンと来るかこないかが私の中の基準。

ふわっとしすぎ。自分でも笑えます。

まぁ、人間の勘って意外と正しいと思っているので、ピン来ないってことは違うんだなと思います。

話それますが、物件選びもかなり勘です。

この物件は私は住むべきではないな。この家は私を呼んでないなって思うことありません?

そこに居る自分を想像できないみたいな?

まあ、そんな私も自分なりに色彩に向き合うための道を探していました。

そう、自分なりに。。。

人生にはタイミングがあるから、目の前のやることをやっていれば、準備ができたときに師は現れるかなと思っています。

お気づきですね?のんびり屋さんなんです。

よく、性格が天然と言われますが、自覚はゼロです。

そうそう、色に向き合うために、の話でしたね。

色彩検定を受けたり、パーソナルカラーを勉強したりしました。

色彩検定は3、2、1級を全て独学で取りました。(ちょっと、小さな自慢を挟みます)

よく、色彩検定1級独学できる?って話を聞きますが、できますよ。

知識を問われる問題とシステマチックに解く問題があるので慣れればできます。

システマチックな問題はコツがいるので、私はそのコツを友達に聞きあとは独学しました。

パーソナルカラーはかなり面白いと思った

とにかく、色のことを考えていたい、色で人の役に立ちたい、色で人を喜ばせたいと思いパーソナルカラーを習得。

お客様に料金をいただいて診断したこともありました。

でも、パーソナルカラーのみで稼ぐには難しかった。

簡易診断なら需要はありますが、フル診断となるとなかなか料金が高いので見合うと思う人が少ないと思いました。

私がもっと掘り下げれば可能だったのかも知れませんが。

パーソナルカラーはファッションと関係が深いですが、私はファッションにさほど興味がないから固執はしませんでした。

というか、あきらめた。

あきらめは早いです。やって違うなと思ったらすぐ手を引きます。

色のみではどうにもならない

色が好きでも、色だけでは役に立ちません。

そりゃそうですよね。色って何かに着色されているものですから。

何で活かそうか・・・と思ってた時にシルクスクリーンを知り、

「!!??」

これ、やってみようと思い道具も揃えて模様を作り始めました。

テキスタイルデザインも独学ですが、楽しいな〜と思いながら布にシルクスクリーンやインクジェットでプリントしてポーチを作ったり、紙にプリントしてデザインペーパーを販売しています。(デザインペーパーはデジタルコンテンツとして販売しています。)

なぜ、模様に落ち着いたのか

やればやるほど満たされたから

やっても疲れないし、やればやるほどエネルギーが湧いてきました。

うまく説明はできないんですけど、私もそんな経験は初めてで、当初は「なにこれ、なにこれ!?」って感じで夢中でした。

今は慣れてしまって、麻痺していますが常にあの時の感覚は残っています。

魂が感じた事は忘れないんだな〜って。

終始何言ってんの?って思っている方はすみません。

これが私です。

こういうのは、もっと有名になってからインタビューとかで言ったらかっこいいのに、一人で黙々と書いています。

誰も、聞いてくれないから自分から言っちゃうパターン。

いつか、インタビューされる日が来るといいな。

ワクワクポイント

同じ物でカラバリが豊富だとワクワクします。

とは言っても、家電やタンブラーのカラーバリエーションを見てワクワクする訳ではなくて、同じ柄とか、ポスターとか複数色が一つの中にある物にワクワクします。

だから、模様は私のワクワク要素を兼ね備えています。

テキスタイルデザインはかなりの確率でカラーバリエーションが展開されており、いい配色を見るとワクワクします。

他にも、私のワクワクポイントは配色を考えている時。

カラーカードを見て、この色とあの色で〜って。配色を考えながらカラーカードを見るのが好きです。

意外と、カラーカードを見るだけではワクワクしません。

目的を考えて色を決めるのが好きなのかも知れません。

混色も好きです。カラーカード見てどれだけ近づけれるかな〜って。

私が色と模様の関係に着目する理由

先日こんなことがありました。

元々あった図案に少し変更を加えたら、元の配色と同じ色を使っても見え方がまるで違ったんです。

詳細はこちらの記事にあります。

やっぱり、模様が変わると色の見え方はかなり違うと実感しました。

模様と色の関連性についてまた、理解が深まりました。

カラバリが見せる様々な色の表情が好きです。

配色によって模様は表情を変えます。

例えるなら女性のメイクと一緒です。

優しそう、クール、可愛い垂れ目メイク、シックな大人メイク、などなど。

メイクも配色の影響は大きいので通ずる部分はありますね。

配色を変えて、全く違う表情を与えるのが楽しいです。

優しそう1、優しそう2、優しそう3 はダメだと個人的に思っています。

タレントさんの宣材写真で3枚しか出せないなら、いろんな表情を撮るのと同じで、どうせ世に出すなら、この模様のいろんな表情を見て欲しいと思っています。

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る